ごく弱いわきがの臭い

小学生の頃は美容や身だしなみにも疎く、デオドラントスプレーを使っている同級生はいませんでした。
脇に毛が生えるようになり、なんとなく臭いを気にするようになった覚えがあります。
臭いは今で言うわきがの弱い感じです。
中学生にあがりデオドラントスプレーを使用するようになり、もしかして自分はわきがかも?と不安になったことがあります。
当時新発売だった液体ロールオンタイプのデオドラントを使用したところ、白い衣類に黄色の脇染みがつくようになったからです。
また、母親も少しその気があり遺伝を疑いました。
自分では気づかないだけで臭いがあるのかも?と思いインターネットで色々調べました。
やはり一番確実なのは手術ですが、お値段は中々の高額で諦めました。
保険適用が効かないし、義務教育中でしたからお金の捻出が出来なかったからです。
黄色い脇染みの原因を探り続け結果的に分かったことは、液体デオドラントと脇汗の反応が良くなかったようでした。
液体を脇に塗っているので汗をかいて流れてしまっていました。
以来ストーンタイプと呼ばれるものとパウダーをダブルで使っています。
気になっていたわきがの臭いも全く気にならなくなりました。
無香のものを選ぶようにしています。
また、個人的に脇毛の処理を放置し続けると少しだけ臭いが出てきます。
きちんと毎日丁寧に脇を洗い、汗やデオドラントが残ることのないように気をつけています。

続きを読む