ワキガと汗臭いニオイの違い

普段汗臭くなる人とワキガの人の違いは見た目ではなかなか見分けが付きづらく、やはり「ニオイ」で判別するしかありません。
汗臭いニオイとワキガはどちらも汗が原因ですが、ニオイの質や原因は全く違うものです。
暑いときや運動などでかく汗は全身に存在する「エクリン線」という汗腺から分泌されるものです。
この汗は99%が水分でできており、残りは塩分やミネラル、乳酸などでできています。
それに比べてワキガの原因となる汗はワキなどに集中的に存在する「アポクリン腺」から出る汗が原因になります。
この汗は脂質やたんぱく質を多く含み、この汗を菌が分解すると、腐敗臭のようなニオイを発生させます。
これがワキガのニオイになるのです。
エクリン腺は人間誰しもが全身に持っているので、汗臭くなるのは汗をかけば誰でもなる可能性があります。
それに比べアポクリン腺の数は個人差があり、主に遺伝で数が変わります。
親や親戚にワキガが多いと自分もワキガになりやすくなるのはこれが原因です。
根本的にワキガの解決を目指すのであれば外科的手術も手段としてあります。
手術でワキにあるアポクリン腺を除去するのです。
ただしこのやり方はどうしても手術の後が残ったり、多少なりとも痛みを伴うものですので、あまりオススメはできません。
楽にニオイを抑えたいなら、アポクリン腺から出る汗を抑制するグッズなどを使うといいでしょう。
最近では商品の開発も進んでおり、速効性や持続力をアップさせた制汗クリームも多く発売されているので、一度試してみることをオススメします。
>>参考サイト 子どもワキガの解決方法