子どもがワキガと気づいたら

ワキガは大人でもデリケートな問題です。
もしもわが子がワキガになってしまったら、できるだけストレスを与えずにケアしてあげたいものです。
ニオイは特に他人の方が気がつきやすいもの。
ワキガを発症してしまった子どもをもつ方には、学校で子どもがニオイを指摘されて気がついた、という方も多いのではないでしょうか。
近年では、食生活の欧米化や子どもの肉体的成長の早まりなどで子どものワキガの発生率も上がっており、早いときには小学校低学年で発症してしまうことも多々あるようです。
それでも日本人は世界に比べるとワキガの発生率は多くはなく、その割合の少なさがワキガへの偏見を生んでいる背景もあります。
子どもの場合は大人よりもワキガの発生率がまだ少ないため、発症するといじめに繋がって登校拒否になる例もあるようです。
自分の子どもがワキガになってしまった時に気をつけておいたほうがいいこと、それは「なるべく子どものメンタルを刺激しないこと」です。
自分の子どもの体臭が濃くなっていることに気づいたら、自分のニオイに気づくまでやさしく見守ってあげましょう。
あまり過剰に反応してニオイのケアをしてあげようとすると、子どもが「自分は臭いんだ」と認識してしまい、逆効果になりやすいのです。
子どもが自分のニオイに気づくまでは、洋服を消臭してあげたり、香りがいいボディシャンプーに変えておいたりと、陰から支えてあげるといいでしょう。
そのうち周りからの指摘などで自分の体臭に気づき、自ら相談をしてくることもあると思います。
そのときにはしっかりと話しを聞いてあげて、アドバイスをしてあげましょう。

続きを読む

ワキガを改善するにはまず原因から

ワキガの悩みはとても深くなりがちです。
改善するには時間もかかり、生活から見直すことも多いので大変です。
しっかりとニオイのケアをするには根本からケアすることがすごく大事で、そのためにはまず原因を知ることから始めましょう。

ワキガの発生源は主に毛穴になる汗腺からのニオイが原因です。
ワキにはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺と、皮脂線があります。
ワキガのキツいニオイは、これらから出る分泌物が肌に住む菌に分解される際に発生します。

汗腺の数は人によって変わり、アポクリン腺が多い人が特にワキガになりやすい人のようです。

ワキガの原因は遺伝と考える方も多いようですが、厳密にいうとニオイが遺伝しているわけではありません。
ワキガを引き起こすのは前述の通りアポクリン腺などの汗腺が原因ですが、遺伝するのはこのアポクリン腺の量なのです。
アポクリン腺の数が親から遺伝すると、自然と分泌される汗の量も増えるので、結果ワキガになりやすくなるというわけです。
親からの遺伝の確立は高く、片親がワキガだと50%、両親ともにワキガの場合は80%で遺伝すると言われています。
また、親戚や祖父母にワキガの人間がいれば、ワキガになる可能性は十分あると言われています。

ワキガは遺伝だけではなく、生活習慣やその他の体質にも左右されます。
特に食事は汗の分泌量に密接に関係しており、ニオイを強くする原因になると言えます。
汗の臭いを強くする主な食物は肉、チーズや牛乳などの動物性たんぱく質、その他油っぽいものなどがあります。
これらの取り過ぎは汗腺が刺激され、体臭が強くなりがちです。

脂質を取り過ぎて肥満体型になると、ニオイが強い汗を大量にかきやすくなり、体臭が強くなる傾向があります。
これは増えた皮下脂肪のせいで体内の熱が放出しにくくなり、体温を下げようと汗をかく人間の機能によって起こります。

また、ストレスが増えると体臭が強くなるとの研究結果もあります。
人間はストレスを感じるとアドレナリンが大量に分泌され、汗腺を刺激します。
このときに汗を分泌する汗腺は運動などでかく汗とは分泌する汗腺が異なります。

以上が主にワキガになる原因です。
原因によってケア方法も微妙に変わるので自分の体に合わせたケア方法を選びましょう。

続きを読む